極限の気動車181系 衝撃のターボサウンド
TOPに戻る 注意事項 管理者用
管理者:やくもターボ

名前
Mail
URL(無効)
題名
内容
画像
Key 記事を削除する為のパスワードです。
フォント
文字色
表示数
表示モード


Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [] [17] [18] [19] [20] [21] [22] 16699

[72] 新鋭気動車のキーン音 [削除] [返信]
投稿者:Levinson 投稿時間:
気動車特急王国といわれる、北海道へ行って来ました。
もう関西では殆ど聴かれないDCのターボサウンドですが、
ここでは、キハ201系やキハ261系が、派手なキーン音を響かせて
走り回っています。
ただ、変速段数が多いので、キハ181のような連続的な音ではなく、
進段と供にキーンキーンを繰り返していました。

対する西日本の同レベルのキハ187系では、ターボサウンドは殆ど
聞こえません。
北海道の車両よりエンジンの排気量が大きいのに、同じパワーである
事から、ターボのブーストを抑えている為だと思いますが、
ちょっとつまらないというか、残念な気がしました。


[ ] [削除] [返信]
投稿者: 投稿時間:


[71] 電車の特性のこぼれ話 [削除] [返信]
投稿者:やわわ 投稿時間:2005/07/26(Tue)13:43:24
どの資料もそうだが、交流、直流両方走る、電車・電気機関車は交流区間のほうが特性が悪い。
これは車載してる変圧器の容量の制限からくるもので、
制限のない直流区間より抑えた値になります。
しかし実際はどうかというと交流区間の方がパワーが
出ています。
理由は電気の流し方からきてます。
直流の場合、電圧の許容範囲が小さく、変電所一箇所につきあまり長く敷設できない。
また電圧が低いため電流が大きい。
そのため、比較的に設計に近い性能でありますが、
一区間に走る電車の数が増えると電流が大きくなり
変圧器の電圧変動という厄介な特性のため電圧が下がるのです。
電圧が下がると性能が発揮できず、ノッチを高めにあげなければならないため、電流ばかりが多くなる割にはたいしてパワーが出ない結果になります。ラッシュはいつもこんな状態ですが、ひどくならないよう、相当に変電所の容量を高くしてあります。
交流の場合、変電所ひとつに長い区間を流すのと、
変圧器が負荷側にあるため、高めに設定しても負荷にかかる電圧が許容範囲で高くなるだけなので、
架線に流れる許容電圧は直流にくらべてかなり幅があります。
また距離が長いため、比較的に許容範囲内で高め流しています。
そのため電車の中の変圧器の出力側は直流区間より高め
の電圧の脈流が出てきて結果的に直流区間より出力があがります。
 
少々輸送力増加させるには直流区間は設備を大きくしなくてはならないのに対し
交流の場合は許容範囲で若干電圧上げれば済むでしまう
です。
輸送力がかなり増える場合、電圧を上げるだけでなく、電気車の変圧器の架線側の巻きを一巻き多くするだけで対応させるという裏技があるくらいです。
一巻き程度ならそうメンテナンスとしてはそう難しくないとの事です。

電車は気動車とは違い、架線設備にもかなり影響をうけてしまうのです。


[70] はまかぜ [Mail] [削除] [返信]
投稿者:しおかぜ 投稿時間:2005/07/16(Sat)01:54:32
姫路〜三宮間、はまかぜ2号に乗ってきました。山陽、東海道線の爆走を期待していたのですが、明石までの区間は、まるでどれだけ惰行で走れるか試しているかのようなのんびりした走りで、エンジン音を楽しむ場面もありませんでした。各停車駅を発車後も、騒音や排ガスを軽減するためか、少なくともホームを抜けるまではノッチも抑え気味で、迫力が感じられませんでしたが、明石以東で連続して力行する120キロ走行を披露してくれたことがせめてもの救いでした。ただ、最近のハイパワー気動車と比べ、静かさや落ち着いた乗り心地と言う点は181に軍配が上がり、老いたりとはいえ往年の特急車両の貫禄を感じました。いつまでも元気で走り続けてもらいたいものです。


[69] キハ40はオートマ? [Mail] [削除] [返信]
投稿者:I..A.こと堀尾です 投稿時間:2005/07/15(Fri)15:29:51
お久しぶりです。
このホームページに書いてあるとおり、キハ181が営業車として最初のオートマ車。では一般車初のオートマ車はといったら最初はキハ75かなと思っていました。
ところが、今年3月に山陰に行ったときこの理論が覆されました。キハ40といえば、一見マニュアル車と思われがちです。現に、変直切り替えレバーがついていますから。しかし、前からキハ40はオートマかなと思える節がありました。というのは、50キロあたりでエンジン音が変わったのです。そして、運転台の表示灯は、変速ランプと直結ランプがついていました。そのあと運転手は60キロで直結に切り替えたので、最初はあれと思っていました。しかし、今年の3月山陰に行ったとき、普通の運転士は60キロで変直切り替えを行うはずなのに、45キロで切り替えました。そのあと、50キロ・70キロ付近でエンジン音が変わり、ランプも変化していました。このことから、おそらくキハ40はオートマ車の可能性があるということですが、管理人さん、キハ40はオートマ車ですか。
返信者管理人投稿時間:2005/07/18(Mon)20:36:49
オリジナルのキハ40は手動変速です。なお、最近は駆動系(エンジン、変速機)を換装した車が増えているようでオリジナルとは異なる走りとなっています。
オリジナルもキハ58などとは異なり、変速直結切り替え指令は手動で行いますが、それ以降は181系と類似の回転数検知機構を設け、変速直結の実際の切り替えは自動化されています。
つまり半自動ともいえる構造で、キハ65に最初に採用され、その後は183系などにもこの機構が採用されました。
[URL] [削除]
返信者I..A.こと堀尾です投稿時間:2005/07/25(Mon)13:20:58
 なるほど。半自動ですか。最近の気動車は、オートマ車でない限りこれを搭載しているということですね。ありがとうございます。
[Mail] [削除]


Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [] [17] [18] [19] [20] [21] [22]


かき's BBS Ver.2.1