極限の気動車181系 衝撃のターボサウンド
TOPに戻る 注意事項 管理者用
管理者:やくもターボ

名前
Mail
URL(無効)
題名
内容
画像
Key 記事を削除する為のパスワードです。
フォント
文字色
表示数
表示モード


Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] 6872

[94] はまかぜに乗ってきた [削除] [返信]
投稿者:DC181侍 投稿時間:2007/02/10(Sat)20:08:48
初めましてDC181侍です 
名前のとうり181系気動車は大ファンです
本題ですがはまかぜに乗ってきました
乗るのは初めてのためキィーンを期待していました
今も結構迫力のある音でした
昔はもっと凄かったそうです ちなみに今 定期特急で
181系が使われるのははまかぜだけなのです
チョット寂しいですね


[93] 1205発つばさ2号 [削除] [返信]
投稿者:KunChan 投稿時間:
 私もキハ181の大ファンです。私にとってのキハ181は「つばさ号」です。上野〜大宮間を走る特急列車で唯一どの列車とも違うスタイル。正面貫通式の先頭車両、屋根に背負ったラジエター群(あれがラジエターなんてぇのは大人になってから知りました)、剥き出しの連結器。もうそれは30年以上もまえの光景です。
 小学生の頃、私は東京の王子にすんでいました。給食が終わると、もう一人の鉄道少年T君と学校の屋上に駆け上がります。お目当ては「つばさ号」です。小学校は王子駅から少し東十条寄り、京浜東北線沿いの小高い岡の上にありました。屋上からは遠く筑波山を望み、交通博物館ばりの鉄道パノラマが眼前に広がっていました。二人は息をきらせて屋上に駆け上がると、金網にしがみつきながら、ちょうど上野1200発のひばり号の通過を眺めます。1日何本も走っている「ひばり号」は二人にとって前菜でしかありません。そして真打を待つこと5分あまり。「やつ」はやってきます。尾久駅を過ぎて右に緩やかなカーブを切り、ゆっくりとゆっくりと、京浜東北線の下をくぐりぬけ、飛鳥山をかすめて、そこからは、わずかな上り勾配とストレートが続きます。先頭車両が王子駅にかかるやいなや、「やつ」は本気の加速をはじめ、王子の町に大きなディーゼルエンジン音が響きわたります。それは「やつ」がやって来たまぎれもないサインなのだ。王子第2小学校の前を通りぬけ、名主の滝を過ぎる頃、やがて惰行運転に入り、勇猛なエンジン音は、大きく息をついたかのように静かになって、乾いた鉄輪の音が響き渡リだします。8時間にも及ぶ、旅路のために「やつ」は、力をまだまだためているのだ。二人は毎日変わることのない、列車の編成のを目で追って数えていたのでした。
 小3の夏休み、秋田の親戚へ旅行に行きました。あこがれの上野1215分(小5の頃1205発に改正されたのか?)つばさ2号です。上野を出ると黒磯までとまりません(ほとんどの特急は大宮か宇都宮に停車するのに)。福島を出ると窓枠にあごを乗せてカーブの瞬間を待っていた私は一大発見。機関車が牽引しているではありませんか!例の板矢峠越えです。2学期になったら真っ先にT君に話してあげたくてしょうがありませんでした。
 それは、もう30年以上もむかしむかし、の光景です。
PS、皆さん"キハ181"のエンジン音を「キーン」と表現していらっしゃるのですが、私の「つばさ」の印象は「グワーッ」って感じなんですけど・・・惰行中は「ガラガラガラ」かな?
 それではまた!
[削除]


[92] 懐かしいです [削除] [返信]
投稿者:高徳線屋島駅周辺出身 投稿時間:2007/01/06(Sat)21:33:32
今は、埼玉に住んでおり、気動車じたい、見かける事が不可能ですが、子供のころ、高松駅のホームで、発車時刻を待つ南風や確か、潮風?を見て、かっこいーなと思ったころが、なつかしいです!あの国鉄色の塗装は、最高です!


[91] 感動しました [削除] [返信]
投稿者:土讃線沿線 投稿時間:2006/12/21(Thu)22:50:49
子供のころターボサウンドを響かせて疾走する
181系が憧れでした。
今もキハ28、58は現役で走ってますが
もう一回土讃線で181系を見てみたいですね。


[90] 181 [削除] [返信]
投稿者:通りすがり 投稿時間:2006/11/18(Sat)21:40:08
GyaO (四季・日本の鉄道冬) 
181出てます


Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]


かき's BBS Ver.2.1